製品情報

ネームプレート:金属

用途
各種金属プレート屋外案内板

標記製法

金属(ネームプレート)には以下の6種類の標記製法があります。

詳細画像を見る

1.エッチング

エッチング銘板は、
金属表面を局部的にエッチング(食刻)して凹凸を形成し、
へこんだ部分にメラミン樹脂塗料を流し込む事により
製作した銘板です。 

適用材料
アルミニウム・ステンレス・真鍮・銅・その他
詳細画像を見る

2.アルマイト

アルマイト銘板は、
アルマイト皮膜上に、染色画像を形成し、
有機性染料をアルマイト層に浸漬させ、
封孔処理して作成する銘板です。

適用材料
アルミニウム
詳細画像を見る

3.メタルフォト

アルミニウム表面を陽極酸化し、
そこにできた無数のポアー(小孔)上に感光性銀乳剤が
塗布されたものです。
アメリカのMIL規格(MIL-STD-130 等)にも認められており、
ボーイングの規格「BAC5875」でも指定されています。

詳細画像を見る

4.彫刻

プラスチック・金属・塗装パネルなどの素材に
機械彫刻機を使用して文字を彫刻していく技術です。

主な用途は、「アルミ機械銘板」「塗装パネル」「アクリル銘板」、
その他、「刻印」。
素材を掘って行く為、彫刻した文字が消えにくくなります。

適用材料
彫刻刃が削れる材料ならば、何に対しても彫刻できます。
一般的には、アクリル・精密板金等に彫刻することが多いです。
詳細画像を見る

5.シルク印刷

版支持板としてメッシュを用い、
その上につくられた版画像を通してインキを被印刷体(素材)に
移転させ、画像複製をおこなう印刷です。
シルクスクリーン印刷の特徴としては、
非常に多くの印刷素材に対応できる点があげられます。
エッチング銘板やアルマイト銘板と比べ、 量産性に優れているため、大量製作の金属・樹脂銘板としても多用されています。

詳細画像を見る

6.インクジェット印刷

インクの微細な粒子を材料に吹き付けることにより
印刷を行うプリンタ。
製版不要で初期費用が安価ですみます。

製品情報一覧

プレス加工
プレス金型を使用し、プレス加工する外形仕上げ方法です。特殊形状に加工する場合や数量が見込まれる場合、精度が要求される場合などに利用します。
レーザー加工
アルマイト銘板は、アルマイト皮膜上に、染色画像を形成し、有機性染料をアルマイト層に浸漬させ、封孔処理して作成する銘板です。
シャーリング加工
切断機を使用し、外形の切断加工する仕上げ方法です。
手加工
金切はさみ・その他職人の手加工による仕上げです。単品もので安価に対応できます。
こんなネームできるかな?をお聞かせください。あらゆるニーズにお応えできる。それが「末吉ネームプレート」です。
お問合せフォーム
事例紹介

会社情報

ネームプレート

  • 金属
  • ラベル・シール
  • プラスチック・フィルム

部品

  • 金属
  • 樹脂

その他

  • 板金パネル

facebook

採用情報

新しい漆のかたち【ウルシゴト -URUSHIGOTO-】

会社案内・お問合せ

登戸工場(営業部)
〒214-0012
神奈川県川崎市多摩区中野島1653
  • TEL: 044-922-4811
  • FAX: 044-922-4812
お問合せフォーム