製品情報

ラベル・シール(ネームプレート)

用途
警告ラベルバーコードラベル説明ラベルUL認定ラベル屋外用案内ラベル各種シールステッカー

標記製法

ラベル・シール(ネームプレート)には以下の4種類の標記製法があります。

詳細画像を見る

1.シール印刷

ロール状になったタック紙に印刷し抜き加工を施したあと
カスをめくってシールの出来上がりです。抜きの前にラミネート加工すれば、ラミネートされたシールができあがります。このようにシール印刷は、印刷、抜き、カスめくりが1行程でできてしまうのが大きな特徴で大量生産に向いています。

適用材料
ポリエステル(アルミ蒸着・透明)・ユポ・上質紙・エンビ・その他
詳細画像を見る

2.シルク印刷

版支持板としてメッシュを用い、
その上につくられた版画像を通してインキを被印刷体(素材)に
移転させ、画像複製をおこなう印刷です。
シルクスクリーン印刷の特徴としては、
非常に多くの印刷素材に対応できる点があげられます。
エッチング銘板やアルマイト銘板と比べ、 量産性に優れているため、大量製作の金属・樹脂銘板としても多用されています。

詳細画像を見る

3.オフセット印刷

版に付けられたインキを、
一度ゴムブランケットなど中間転写体に転写(offset)した後、
紙などの被印刷体に印刷するため、オフセット印刷と呼ばれる。
オフセット印刷は多色刷りに適しており、特に写真やイラスト、
またグラデーションのあるものを 印刷するのが容易です。

詳細画像を見る

4.インクジェット印刷

インクの微細な粒子を材料に吹き付けることにより
印刷を行うプリンタ。
製版不要で初期費用が安価ですみます。

製品情報一覧

プレス加工
プレス金型・トムソン刃を使用し、プレス加工する外形仕上げ方法です。特殊形状に加工する場合や数量が見込まれる場合、精度が要求される場合などに利用します。
エンボス加工
表面エンボスシートキーとは、タッチキーの操作部に凸凹をつけることにより、全体にメリハリが付き、また、誤操作を少なくし、グリップ感が欲しい時に用います。 表材は、基本的にはポリエステル材をお勧め致します。ABS表材は、長時間使用するとクラック(ひび割れ)の恐れが有ります。通常、加熱処理を行います 。
シャーリング加工
切断機を使用し、外形の切断加工する仕上げ方法です。
手加工
金切はさみ・その他職人の手加工による仕上げです。単品もので安価に対応できます。
プロッタ加工
カッティングプロッタを使用して、型を使用せずに製品を製作します。微細な加工も可能です。薄物の場合は、カット幅1mmも可能です。 
こんなネームできるかな?をお聞かせください。あらゆるニーズにお応えできる。それが「末吉ネームプレート」です。
お問合せフォーム
事例紹介

会社情報

ネームプレート

  • 金属
  • ラベル・シール
  • プラスチック・フィルム

部品

  • 金属
  • 樹脂

その他

  • 板金パネル

facebook

採用情報

新しい漆のかたち【ウルシゴト -URUSHIGOTO-】

会社案内・お問合せ

登戸工場(営業部)
〒214-0012
神奈川県川崎市多摩区中野島1653
  • TEL: 044-922-4811
  • FAX: 044-922-4812
お問合せフォーム